ウインタースポーツの後は温泉を楽しもう

>

ウインタースポーツの後は温泉でゆっくり

人気の野沢温泉スキー場

歴史の長い野沢温泉スキー場は、古くは大正時代から滑られています。天候が良ければ日本海まで見渡せる頂上からは、最長滑走距離がなんと10000mもあります。100%天然雪のゲレンデ数も36と多く、初級40%、中級30%、上級30%と、初級者から上級者まで楽しめ、ファミリー向けにキッズパークなどもあります。また、スキー用の競技専用コースや、スノーボード用のハーフパイプなどコースも充実しています。
温泉も素晴らしく、30以上の源泉が自噴しています。江戸時代からの外湯も13か所あり、外湯巡りが無料で楽しめます。そしてなんといっても名産の野沢菜がおいしく、熱い温泉とおいしい野沢菜のおやきで疲れを取りましょう。

北アルプスの麓にある国際リゾート、白馬村

1989年、冬季オリンピックが行われた白馬は、雪質が良く豊富で多くのスキーヤーが訪れる国際リゾートです。6つのゲレンデがあり、アルペンスキー競技の開催地であった八方尾根スキー場は、山頂と麓の標高差が1000以上あります。素晴らしいパウダースノーが楽しめ、緩急に富んだコースで初心者から上級者まで楽しめます。
さのさかスキー場はインターチェンジから近く、アクセスしやすいのと、80%が初・中級者向け斜面なのでファミリーにもおすすめです。
初級者でも楽しめるバラエティー豊かなコースがある白馬五竜と、本格的なハーフパイプがありスノーボーダーに人気のHAKUBA47は共通リフト券で行き来できるようになっています。
5つの源泉がある温泉も楽しみです。日帰り温泉も数多くあり、日帰りスキーでも温泉を楽しんで帰れます。


この記事をシェアする